味噌醤油仕込人顛末記 ----- 萩市の味噌醤油蔵から日々のあれこれを発信
--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2004/11/10//Wed.
新企画

藤崎鮮魚店さんとの合同企画の、かなとふぐの味噌汁セットの撮影に行く。
お歳暮ギフトの案内には間に合わないが、ネットでは近いうちに載せたいと思う。

ふぐ2匹〜3匹と麦味噌1kgで3,000円にする予定です。萩産のネギも軌道に乗ったら付けたいと思ってます。

藤崎さんの話によると、トラフグは下関産がブランドとして定着しているが、萩市の漁師が東シナ海で採ったものが一番水揚はしているとのこと。アンコウも萩市の漁師が採ったものが多いらしいのだが、ブランド化できてないというお話も聞いた。残るは瀬付きアジぐらいかな。

夕方、醤油圧搾機のポンプから油漏れ。亀裂が入っていた。山崎鉄工さんに電話。部品あるとのこと。30年以上駆使した古い機械が多いが、山崎鉄工さんは部品を持っていてくれるのでありがたい。

日記 | trackback(0) | comment(0) |

comment









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

copyright (C) 味噌醤油仕込人顛末記 ----- 萩市の味噌醤油蔵から日々のあれこれを発信 all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。