味噌醤油仕込人顛末記 ----- 萩市の味噌醤油蔵から日々のあれこれを発信
--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2011/11/02//Wed.
店のひとこま

以下は、美談にするつもりはない、名もない味噌醤油屋のひとこま。
夕方、50歳代前半であろうクモ膜下出血の後遺症を患う男性のお客さんは、店に入ったとたん椅子に座り「あんたーとこの味噌やないと母ちゃんがいけんちゅーからきたんよ。俺はどこのでも一緒っやって言いよるんそに。」
「座っちょるとええんやけど、立つと身体がフラフラしてたまらんのやけど、杖は使いとうないんよ。」
お客さんが持参したのは家用の味噌容器。
ちょうど1.5kgで収まった。これが1.7とかになると計算が難しい。名も知らぬ萩のどこの方かも知らぬ親孝行のお客さん。
話も色々できました。ええ顔されて車を運転して帰られました。
また来て下さいね。

日記 | trackback(0) | comment(0) |

comment









ブログ管理人にのみ表示ヲ許可する

trackback

trackback_url

copyright (C) 味噌醤油仕込人顛末記 ----- 萩市の味噌醤油蔵から日々のあれこれを発信 all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。